90年代のキョンキョン

 
1 あの頃の虎(09/02/03(火)06:00 ID:yZFs/7kBA) 
25歳から34歳まで。
90年代のキョンキョン画像
 | 全コメント表示 | ×閉じる | 
2 あの頃の虎 (09/02/08(日)07:21 ID:H861PKgDo) 
広い
90年代のキョンキョン画像2
3 あの頃の虎 (09/03/22(日)06:39 ID:yPzgYZTCQ) 
劣化
4 あの頃の虎 (09/06/13(土)05:22 ID:K2ySUz9fk) 
ババア
5 あの頃の虎 (09/09/28(月)23:27 ID:i3CAMB6g2) 
だいぶ昔に”あなただけ見えない”っていうドラマが放送されてて、
そこでキョンキョンが着衣だったが地下室かどっかで十字架に縛られてたシーンがあったなぁ。
ヤフーで検索してみて、その動画があったなぁと思ったら、もうすでに削除されてた。
かなり見たかっただけに非常に残念だなぁ。
当時中学生で性が目覚めたばっかりのころだけに、あれを見てかなり性欲が増したよ。
6 あの頃の虎 (09/09/29(火)03:02 ID:ePobhop7g) 
90年代のキョンキョン画像6
7 あの頃の虎 (09/09/29(火)03:04 ID:ePobhop7g) 
こんなところで、どうでしょう。
90年代のキョンキョン画像7
8 あの頃の虎 (09/09/29(火)07:12 ID:OG0NuV616) 

キョンキョンはさぁ、不摂生が祟ったんじゃない?

酒びたりで、夜更かし(睡眠不足)、偏食、etc

哀れよのぉ〜。
9 あの頃の虎 (09/09/29(火)07:18 ID:vXu/JtBtM) 
>>6
>>7
これこれ!このシーンで当時中学生だった僕は発情したんですよ!
タンクトップで胸の形もはっきりしてただけに興奮しました。
あとは動画があれば言うことないですね。
ありがとうございました!
10 あの頃の虎 (09/09/29(火)21:47 ID:c4mNUiLAc) 
>>6
>>7
俺中学のころこれでソフトSMに目覚めた。
11 あの頃の虎 (09/09/29(火)23:16 ID:ePobhop7g) 
拘束され、ムチで
90年代のキョンキョン画像11
12 あの頃の虎 (09/09/29(火)23:25 ID:ePobhop7g) 
90年代のキョンキョン画像12
13 あの頃の虎 (09/09/29(火)23:26 ID:c4mNUiLAc) 
>>11
これで全裸で磔にされてたら、ムチではなくて実際に犯したくなる。
14 あの頃の虎 (09/11/23(月)02:30 ID:IQeutlHMY) 
鱶(ふか)キョンと見紛うたw
15 あの頃の虎 (09/12/26(土)06:07 ID:Z5qaU87Sw) 
.
90年代のキョンキョン画像15
16 匿名 (10/05/25(火)04:42:38 ID:gONUYBRYo) 
ばばあ
17 匿名 (10/05/26(水)20:38:34 ID:d4022MOm6) 
やっぱ性格悪い奴って消えるよねぇ
18 匿名 (10/09/15(水)06:06:01 ID:Qlkr.Od/.) 
そう?
90年代のキョンキョン画像18
19 匿名 (10/09/15(水)23:47:35 ID:GBoT/RCgg) 
ヤニ吸いであることを知ってショックだった
20 匿名 (10/09/16(木)09:52:57 ID:UMHzYj25c) 
典型的なタバコ顔だね。かなりヘビースモーカーだと聞いている。
21 匿名 (11/02/18(金)19:55:17 ID:wZwIqzHxE) 
煙草良くない。
22 匿名 (11/03/02(水)22:28:43 ID:C6OE/YPV.) 
謝罪と賠償を言い出した頃
23 匿名 (11/03/26(土)09:25:22 ID:N45swsLyY) 
>>22
キョンキョンにニダ疑惑w
24 匿名 (11/08/07(日)20:10:00 ID:Mrldkt69c) 
90年代のキョンキョン画像24
25 匿名 (11/12/21(水)04:55:34 ID:mKxaVlmN2) 
90年代のキョンキョン画像25
26 匿名 (12/03/29(木)10:47:17 ID:YEoRUDI9Y) 
>>22
キョンキョンにニダ疑惑w
27 匿名 (12/03/29(木)22:05:43 ID:KXuS8ZoJg) 
八丈島のキョン!
90年代のキョンキョン画像27
28 匿名 (12/12/30(日)08:21:39 ID:UzCcdb2uQ) 
29 (12/12/30(日)21:12:12 ID:348) 
削除
30 匿名 (13/02/28(木)16:19:37 ID:Pr6zlBJvI) 
90年代のキョンキョン画像30
31 匿名 (13/03/21(木)20:28:55 ID:@GwTNtfCE) 
見逃してくれよ!
32 匿名 (13/04/14(日)08:39:52 ID:pLiqdaXIM) 
32
90年代のキョンキョン画像32
33 匿名 (13/04/16(火)22:37:25 ID:@bm5v8xm.) 
あまちゃん見てる?
34 bumpy (13/04/17(水)06:23:38 ID:254) 
90年代のキョンキョン画像34
35 匿名 (13/05/21(火)17:56:43 ID:Td.U4qXrU) 
>>33
キョンキョンの娘
90年代のキョンキョン画像35
36 匿名 (13/08/02(金)15:25:28 ID:4hxwzIFOE) 
37 匿名 (13/09/06(金)17:17:42 ID:5kFCc4G4Q) 
あまちゃん。
38 匿名 (13/09/28(土)07:43:16 ID:ZFaIXkpgs) 
キョンキョンは子供を産みたかった。
でも永瀬が嫌だと言った。

もう遅い・・・・。
39 匿名 (13/11/20(水)16:26:23 ID:9O.HYk32c) 
産んでおけば良かったね。
40 匿名 (14/01/03(金)06:36:23 ID:XzbnVuL1U) 
41 匿名 (14/02/19(水)15:16:42 ID:WdWNmh9Kw) 
90年代のキョンキョン画像41
42 匿名 (14/04/26(土)11:12:01 ID:L3T7vZEJM) 
43 匿名 (14/07/27(日)09:56:31 ID:SIyWfpv3o) 
身長150cm以下?
44 匿名 (14/09/10(水)16:31:28 ID:BN0cMiams) 
キョンキョン式「変化」でソニーを再び革新企業に〈AERA〉dot. 9月9日(火)16時4分配信
 ここのところ、業績低迷に苦しんでいるソニー。次々に新商品を展開するアップルと比べると、変化の波に乗れていないように見える。
この「ソニーが変われない理由」を、ボストンコンサルティンググループなどを経て2007年から経営共創基盤CEOとなった冨山和彦氏は次のように説明する。
* * *「ソニーは、なぜ変われないのか」
最近、そんな議論をよく聞きます。ウォークマン、プレイステーション、VAIOなど、革新的な商品を生み出し続けたソニーが、かつてない業績低迷に苦しんでいる。消費者は、革新的なソニーに再び生まれ変わることを期待しています。
 でも、考えてみてください。創業して70年弱、従業員14万人超の「古くて大きな会社」が、簡単に変われると思いますか? 古くて大きな会社の「変わる力」は、若くて小さな会社にくらべて乏しい。これは、万国共通の事象です。
ただ、日本企業の場合は少し深刻です。新卒一括採用と終身雇用、年功序列で社員の流動性が低い。新たな価値観を吹き込む機会が少ないからです。
ソニーに話を戻しましょう。彼らはiPodを生み出す能力を持っていたと思います。携帯プレーヤーを開発する技術力も、音楽コンテンツもあった。それなのにできなかったのは、組織の壁があったからでしょう。
会社が大きくなると、経営者は事業や役割ごとに分けて組織を管理するようになります。でもiPodのような革新的な製品は、個々の境界を超えた先にある。「iPodは家電部門と音楽部門、どっちが手掛ける仕事か?」
「グループ会社のコンテンツを優先的に配信すべきか?」
なんて調整をしていては、会社を変える製品や力は生まれません。結果、利益を生み出せなくなり、企業は「老化」していきます。
変わる力は、小さくて若い会社に宿ります。若い会社には、しがらみも、そして自らを縛る過去もない。いつの時代も、イノベーションの多くは若きベンチャーから生まれています。
「大人」になったソニーに「第2のウォークマン」を期待するのは、40代も後半を迎えたキョンキョンに、「アイドルで居続けて」とお願いするようなもの。そもそも、ナンセンスなのです。
ただ、古い会社は老化していくしかないのかというと、私はそうは思いません。トヨタの強みは、製造方法を改善し続ける「カイゼン方式」。
大人になった会社には、ノウハウを「積み上げ」「蓄積」した大人の魅力が表れます。キョンキョンがアイドルを脱皮して「アイドルのお母さん」を演じたように、企業も成熟した大人の変化をすればいいのです。
※AERA 2014年9月8日号より抜粋
45 匿名 (14/09/11(木)09:35:34 ID:/o8ILZpNE) 
>>44
いかにもコンサルティング会社の人間が言いそうな、もっともらしいがテキトーな御託だな。
ソニーはずっと新卒一括採用で終身雇用、年功序列で社員の流動性が低かったが、それでも革新的な製品を生み出していた。
むしろアメリカ式成果主義を導入してからダメになった。
成果主義は自分の成果を上げることしか考えないから、組織としての力を発揮できない。
それにウォークマンを出した時はすでに世界的な大企業になっていた。
会社の古さや大きさの問題ではない。
46 匿名 (14/12/13(土)12:05:18 ID:PbGgeKr2.) 
キョンキョン元気?
90年代のキョンキョン画像46
47 匿名 (15/02/24(火)17:23:11 ID:F/yeTinpc) 
年齢詐称
48 匿名 (15/06/13(土)12:58:11 ID:GPNImgpTU) 
本当は昭和38年生まれ?
49 (15/06/14(日)18:15:50 ID:348) 
削除
50 匿名 (15/07/18(土)11:34:19 ID:sHO01YVtM) 
来年50歳
51 匿名 (15/08/31(月)16:14:08 ID:CGSkaN20M) 
1993年
90年代のキョンキョン画像51
52 匿名 (15/11/01(日)11:25:25 ID:iIYFWQ4uA) 
何で離婚したんだろ?
53 匿名 (15/11/29(日)04:20:03 ID:IEjROg.qo) 
WHAT's IN?の90年7月号の、1ページ目です。
写真を撮っている八木康夫(TBSのプロデューサーではない方)の、
自宅のベッドの上で撮ったカットの数々が載っています。
90年代のキョンキョン画像53
54 匿名 (16/02/09(火)16:35:22 ID:2lNPI0TfY) 
>>53
見たいです。
55 匿名 (16/02/13(土)19:44:49 ID:Yufb619PU) 
53もこれも、WHAT's INではありませんでした。
PATi・PATiかも知れませんが、はっきり覚えていません。
その2ページ目です。素人カメラマンなので、ユニークな表情のカットが多いです。
90年代のキョンキョン画像55
56 匿名 (16/05/12(木)22:25:58 ID:FvnXdef0g) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、3ページ目です。
フィリップ・モリスは、愛煙家のキョンキョンにとって、気持ちを落ち着けるための必需品です。
藤原ヒロシ・プロデュースのアルバム「No.17」は、前作「KOIZUMI IN THE HOUSE」同様、
重低音が響き渡るハウスミュージックを想像した人が多かったようですが、
出来た曲は、小泉今日子が好きなきれいなメロディの曲がメインでした。
初めて、アルバムの全曲(カバー曲を除く)の作詞を自身で担当しましたが、
全体的な印象では、無難な作詞という感じです。
シングルカットされた「La La La…」は、夜ヒットのスタッフから、
メチャクチャ批判されたそうです。
その屈辱が、翌年のミリオンセラー「あなたに会えてよかった」の作詞に、
繋がったのかも知れません。
90年代のキョンキョン画像56
57 匿名 (16/05/14(土)21:53:43 ID:jmCaZLDMg) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、4ページ目です。
カメラマンの八木康夫は、奇をてらったピンボケカットを撮っていますが、
それが当時の、時代の最先端を行くアイドル・コイズミのイメージを、助長しています。
90年代のキョンキョン画像57
58 匿名 (16/05/14(土)22:09:32 ID:jmCaZLDMg) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、5ページ目です。
最新エッセイ集「黄色いマンション 黒い猫」では、仕事としての撮影について
「キレイな衣装を着て、キレイにメイクをして、キレイなライティングでプロが撮った写真を
 見た時にいつも感じる。これは私だけれど私じゃない。(中略)
 仕事としてカメラの前に立った時には私の中にもプロの意識が芽生えているから
 やっぱり私だけど私じゃない。そういう写真はいつまで経っても見るのが恥ずかしい。」
と綴っています。そして、小泉今日子は、写真のチェックを一切しないそうです。
「この表情がいいとか、このポーズがキレイなんて判断する事が何故か悪趣味に見えてしまう。」
撮影時にはプロ意識があっても、その後はプロになりきれないとの事です。
八木康夫が撮ったこの雑誌のカット集は、プロの意識が芽生えないように、
撮っているのだと、感じました。
90年代のキョンキョン画像58
59 匿名 (16/05/17(火)02:35:36 ID:LogUeUfb2) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、6ページ目です。3ページ目のインタビューの続きです。
「喧嘩しない人ですよ。」と言っていますが、本当に怒ったら、本人自身が怖くなるくらい、
制御が効かなくなるので、出来るだけ怒らないようしている。と、
FM番組「コイズミ・イン・モーション」で、言っていました。
そんなコイズミが怒った時の事を、「黄色いマンション 黒い猫」で書いていますが、
岡田有希子の死に関する事なので、その内岡田有希子スレに載せたいと思います。
子供の頃の霊体験として、本人が生まれる前に亡くなった祖母の姿を、見ていたそうです。
母親に姿形を話すと、それが亡くなった祖母だと聞かされました。
90年代のキョンキョン画像59
60 匿名 (16/05/17(火)03:10:11 ID:LogUeUfb2) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、7ページ目です。
80年代後半の過激アイドル時代は、実はコイズミ自身はフィルターで、
仕掛け人達が、過激な事を色々仕掛けていました。
「テロ86 武装アイドルを援護せよ」というコンサート・タイトルを見て、
嫌悪感を覚えたりしたので、80年代のコイズミのファンにはなりきれませんでした。
90年代にファンになってから、秋元康の仕掛けだった事が分かりました。
80年代のアイドルブームを台無しにした「おニャン子くらぶ」を仕掛けたのと、
「なんてったってアイドル」を作詞したのが同時期だった秋元康ですが、
雑誌「MEKURU」のインタビューで、単なる偶然と言っていました。
同じ雑誌で、バーニングの社長が、小泉今日子の先読み能力に関心していましたが、
この当時は、現在の課題や目標を大きな字で書いて、自分の部屋の壁に貼って、
毎日、それを見て考えていたそうです。(by コイズミ・イン・モーション)
90年代のキョンキョン画像60
61 匿名 (16/05/19(木)02:47:41 ID:oEcKYXKjg) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、8ページ目です。
これが、59の下に書いてある「マーブル模様のフィフティーズ・ブルマー型水着」でしょうか。
90年代のキョンキョン画像61
62 匿名 (16/05/19(木)03:10:31 ID:oEcKYXKjg) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、9ページ目です。
オリジナル・アルバムの変遷が書いてあります。
私が初めて買ったアルバムは、「KOIZUMI IN THE HOUSE」でした。(ベスト盤は除く)
当時、アパート暮らしで大きな音は出せないので、車の中でばかり聞いていました。
重低音が響き渡るサウンドは、車の中で聞くのにピッタリでした。
翌年、車を買い換える時に、CDプレイヤー付きにしてから、
音楽は、車の中で聞くものになってしまいました。
新しいアルバムを買うのと並行して、徐々に古いアルバムを買い揃えて行きました。
ここに載っているアルバムの中では、「BEAT POP」が一番のお気に入りです。
明るくてノリノリの曲ばかりを集めていて、
80年代のキョンキョンを代表するアルバムだと思います。

という事で、80年代に新スレが出来たので、次回からは80年代に戻ります。
90年代のキョンキョン画像62
63 匿名 (16/07/17(日)15:21:00 ID:CWPrsaHYw) 
>>62
ありがとうございました。

64 匿名 (16/07/22(金)01:32:43 ID:XDRt18OI.) 
PATi・PATi?の、90年7月号の、10ページ目です。
時々、こちらにも載せます。リアルタイムで買っていた雑誌は、ほとんど90年代なので。
カメラマンの八木康夫の、奇をてらったピンボケカットが多いこの雑誌ですが、
最後は、ゴージャスなカットで決めています。
90年代のキョンキョン画像64
65 匿名 (16/07/22(金)02:21:37 ID:XDRt18OI.) 
出典不明(忘れた)の雑誌の90年7月号頃の、1ページ目です。
A4より少し横幅が広いので、クリアファイルに入らなくて、左右を少しカットしていました。
このカットは、アルバム「No.17」からシングルカットされた「La La La…」の
プロモーションビデオと同じ衣装・メイクの、お馴染みのカットです。
もちろん「National koiozumic Video」にも収録されています。
当時の最先端CGを駆使した映像で、「今じゃハイパーメディアクリエイターと言われている」
と小泉今日子が評した高城剛の自信作でした。
スーパージョッキーでも、ゲスト出演の本人は歌わず、このビデオを流したくらいです。
90年代のキョンキョン画像65
66 匿名 (16/07/22(金)03:08:47 ID:XDRt18OI.) 
出典不明の雑誌の90年7月号頃の、2ページ目です。
小泉今日子のシングルの中で、アルバム「No.17」からシングルカットされた「La La La…」
と「丘を超えて」だけが、明らかに異質でした。
他のシングルは、アルバムからのシングルカットを含めても、多かれ少なかれ、
ヒットを意識した曲作りでしたが、この2曲はヒットを意識していません。
そのあたりが、この記事の「リラックス」の意味でしょう。
「学園天国」「見逃してくれよ」と、大ヒット曲が続いたので、ビクターが、
「好きな曲をシングルにしていい」と言い、この2曲がシングルカットされました。
オリコン週間チャートでは、2曲とも10位に滑り込んだおかげで、
33曲連続ベストテン入りという快挙が生まれました。実に強運の持ち主です。
70〜80年代女性アイドルでは、山口百恵や松田聖子・中森明菜を凌ぐ最多記録です。
ちなみに男性アイドルの最多が、デビュー前にファンだった田原俊彦というのも、
何かの縁でしょうか。
90年代のキョンキョン画像66
67 匿名 (16/07/24(日)03:03:19 ID:yEZdPo52U) 
出典不明の雑誌の90年7月号頃の、3ページ目です。
アルバム「No.17」は、FM番組「コイズミ・イン・モーション」から生まれましたが、
この番組の構成作家をしていたのが、故・川勝正幸です。
最近のエッセイ集「黄色いマンション 黒い猫」で、1章を割き追悼しています。
「90年代、アイドルとしてもうひと頑張りしなきならない時期に川勝正幸さんに出会った。
ラジオ番組の構成をしてもらったり、ライブツアーの構成やパンフレットの編集をして
もらったり(中略)、本当にお世話になった人。」と綴られています。
そして、「たくさんのアーティストたちと引き合わせてくれたのも川勝さんだった。(中略)
あの時代があったから私は今でもここにいられるのだと思う。小泉今日子がパワーアップしたのは
確実にあの時代だったと我ながら思う。」と振り返っています。
90年代のキョンキョン画像67
68 匿名 (16/07/24(日)03:27:10 ID:yEZdPo52U) 
出典不明の雑誌の90年7月号頃の、4ページ目です。
小泉今日子のアルコール好きは、今では有名ですが、この頃はあまり飲めなかったそうです。
だから、夜の街が嫌いでした。それが、川勝正幸氏に紹介されたアーティストたちと
仲良くなっていく過程で、アルコールが好きになっていきました。
歌手と女優の違いは、最後の決定権が自分か他人かの違いと言っています。
女優業をメインにした最近は、最後の決定権を自分にしたい気持ちが強まって、
制作会社を立ち上げたのかも知れません。
小泉今日子が勧める本やアルバム等が売れる事について、他の人のはそうだけど、
自分の物だと効果がないと言っています。しかし照れ屋の小泉今日子は、
自分の本やアルバム等を宣伝する事が苦手だからです。
他人の物は、照れずに、純粋に好きな事を上手く伝える才能があります。
90年代のキョンキョン画像68
69 匿名 (16/07/24(日)03:52:09 ID:yEZdPo52U) 
出典不明の雑誌の90年7月号頃の、5ページ目です。
67で書いた「90年代、アイドルとしてもうひと頑張りしなきならない時期」とは、
事務所の社長と、「アイドルとして10年間、頑張りなさい。
その後は好きな事をさせてあげる。」という約束を、デビュー時にしていたからです。
デビューした82年には、10年間もアイドルとして第一線で活躍する事など、
考えられない事でした。山口百恵でさえ、結婚・引退が無ければ、息切れしたかも知れません。
社長も、まさか10年間もアイドルとして第一線で活躍するとは、思っていなかったでしょう。
しかし、負けず嫌いのキョンキョンは、「よーし、10年間頑張ってやろうじゃないか。」
と決意し、実現させました。10年目には、自身最大のヒット曲「あなたに会えてよかった」を
ミリオンセラーにしたほどです。パワーアップした小泉今日子にとっては、
この勢いで、ミリオンセラー連発も夢ではなかったでしょうが、
約束通り、自分の好きな事(女優へのシフト)を、徐々に進めて行きました。
90年代のキョンキョン画像69
70 匿名 (16/07/26(火)02:33:58 ID:TKR3mj2MY) 
こちらが、WHAT's INでした。90年7月号頃の、1ページ目です。
この雑誌は文字が小さく、読むのに苦労した記憶があります。
スキャンして画面に写して拡大すれば、読むのが楽になります。
アルバムで言えば、86年の「Liar/小泉今日子9」まで、ナンバリングしていて、
キョンキョンのアイドル性を重視した作りになっています。
翌87年の「Hippies」から、自己プロデュースが始まり、
過激コイズミがアルバムにも反映され、この記事の冒頭に書いてあるような展開になりました。
一見アーティスティックな展開ですが、キョンキョン自身は一度も、
自分をアーティストだとは言っていません。
「なんてったってアイドル」を歌っていた頃、本田美奈子が、自分はアイドルではなく、
アーティストだと言っていましたが、その後失速したので、アイドルで通したと思います。
誰かと組んで作るアルバム作りは、どんな色にも染まれるアイドル・キョンキョンだからこそ、
出来る事であり、やはりアーティストとは一線を画しています。
90年代のキョンキョン画像70
71 匿名 (16/07/26(火)02:56:36 ID:TKR3mj2MY) 
WHAT's INの90年7月号頃の、2ページ目です。
前ページの最後で、「後に続く者が来ない寂しさがある。」と言っていますが、
91年に、中山美穂がシングル「Rosa」で、クラブミュージックに挑戦しています。
他にも、主演ドラマの主題歌を自分で歌う、作詞を自分でする等、小泉今日子の後を
中山美穂が追っていて、CM女王の座や、アンアンが選ぶ好きな女性タレントのトップの座も、
小泉今日子から中山美穂へ、受け継がれました。
そんな二人は仲が良く、99年にはテレビの旅行番組で、一緒にタヒチへ行っています。
初めて、アルバムの全曲(カバー曲を除く)の作詞を自身で担当し、
相当苦労した事が分かりますが、その苦労が翌91年のシングル「あなたに会えてよかった」
アルバム「afropia」以降の、小泉今日子にしか書けない素晴らしい作詞活動に結実しました。
90年代のキョンキョン画像71
72 匿名 (16/07/26(火)03:49:46 ID:TKR3mj2MY) 
WHAT's INの90年7月号頃の、3ページ目です。
川勝正幸氏に紹介された、同世代のアーティストたちと、本音で渡り合えたこの時期が、
小泉今日子を一回り成長させ、よりパワーアップさせました。
中森明菜や工藤静香は、競合するアイドルがいなかったため、独自の道を突き進めました。
しかし、王道を行くアイドル・ポップスを歌っていたキョンキョンは、
菊池桃子・南野陽子・浅香唯と、競合するアイドル・ポップスを歌う後輩達の追い上げによって、
80年代後半、失速しかけました。
その度、「なんてったってアイドル」や、「木枯らしに抱かれて」という大ヒット曲に巡り合い、
失速せずに済みました。
そしてアイドル冬の時代の90年代、彼女たちにも方向転換する時期が来て、
失速して行きました。89年末に「学園天国」の大ヒットで、3度再浮上したキョンキョンが、
よりパワーアップし、国民的アイドルと呼ばれるほどになりました。
「私って幸せなアイドルだなってつくづく思います。」本音でしょう。
「そこに入ってきてくれる人」私も、その一人です。
90年代のキョンキョン画像72
73 匿名 (16/07/30(土)00:56:01 ID:BQ8mh3F4I) 
週刊明星の90年7月頃の、グラビアの1ページ目です。
このカットは、アルバム「No.17」の表紙に使われているカットです。
ベストアルバムを除くと17番目に当たるので、No.17です。
18番だと決まりすぎちゃうので、17番にしたというところが、
コイズミらしい発想です。クラシックの交響曲第○○番という発想から、
クラシック音楽家の写真をイメージして写したカットです。
90年代のキョンキョン画像73
74 匿名 (16/07/30(土)01:08:22 ID:BQ8mh3F4I) 
週刊明星の90年7月頃の、グラビアの2ページ目です。
編み込んだこのヘアースタイルは、本格的に行うと9時間かかるそうですが、
コイズミの場合は忙しいので、4時間で行ったそうです。
でも、このヘアースタイルの時に、ヒューマンタッチのドラマ撮影があり、
ヘアメイクの人が相当苦労したそうです。(「日曜劇場 花束」)
90年代のキョンキョン画像74
75 匿名 (16/07/30(土)01:19:42 ID:BQ8mh3F4I) 
週刊明星の90年7月頃の、記事の1ページ目です。
納豆は、お茶漬けにして食べる事もあるほど好きで、テレビでも公開しています。
そのテレビ番組出演者のほとんどが、美味しくないと言っていました。
結婚当時は、永瀬正敏も嫌がって食べなかったそうです。
納豆好きと言えば、上戸彩も有名ですが、20世紀と21世紀の、
CMクィーン・国民的アイドルの、納豆好き対決は、見てみたいです。
二人とも今では大御所ですが、ノリのいい二人なので、実現するかも知れません。
90年代のキョンキョン画像75
76 匿名 (16/08/03(水)01:38:07 ID:SdPzzC.82) 
週刊明星の90年7月頃の、記事の2ページ目です。
庭に咲いてた花を贈るとは、さすがキョンキョンと仲のいい荻野目ちゃんです。
最近は、自分が見て楽しむために、花を買って家に飾っているそうです。
(「黄色いマンション 黒い猫」より)
このページで使われている写真は、「日曜劇場 花束」からのシーンです。
無理に七三分けにして、ヘアースタイルに苦労している事が分かります。
90年代のキョンキョン画像76
77 匿名 (16/08/03(水)02:07:00 ID:SdPzzC.82) 
週刊明星の90年7月頃の、記事の3ページ目です。
原宿には、本当に思い入れがあるのでしょう。中学の時は、毎週日曜日に厚木から出かけ、
18歳から21歳までは、原宿のマンションに住んでいました。
キョンキョンのファッションセンスは、原宿に住んでいた時に磨かれたと思います。
エッセイ集「黄色いマンション 黒い猫」も、「原宿百景」という連載エッセイの単行本化です。
ビデオ撮影とは、ストーリービデオ「ファンタージェン」の事で、
「ネバーエンディングストーリー」を意識したストーリーになっています。
中森明菜の中に、自分と同じようなものを感じるとは、一匹狼のように、
お互い、芸能界の古い因習と戦ってきた戦友だからでしょう。
90年代のキョンキョン画像77
78 匿名 (16/08/03(水)02:41:38 ID:SdPzzC.82) 
週刊明星の90年7月頃の、記事の4ページ目です。
素材として一級品のコイズミは、36時間一睡もしないで仕事した時、その直後のCM撮影で、
「今までで一番、表情がキラキラ輝いて見える」とスタッフに言われ、
一体私の体はどうなっているんだろう。と言っていました。(コイズミ・イン・モーションより)
事務所に給料の引き下げを頼んだというのは、有名な話ですが、
CMクィーンとして大活躍していた頃、CMのギャラに見合った給料をもらっていたら、
たちまち芸能人長者番付のトップに踊り出ていた事でしょう。
給料の引き下げを頼んだのは、そのまま給料が上がり続けたら、事務所の言う通りの仕事を
しなければならなくなり、自分の個性が死んでしまうという考えからです。
事実、アイドルとして10年間、目一杯働き続けた後は、仕事を自ら選ぶようになりました。
金銭感覚がゼロというのは嘘で、父親の会社が倒産して、夜逃げの経験もあるので、
無駄なお金は使わずに、父親の勧めもあり、貯金しているそうです。
90年代のキョンキョン画像78
79 匿名 (16/08/07(日)20:50:55 ID:1Pxu01MiY) 
週刊明星の90年7月頃の、記事の5ページ目です。
90年代後半から、女優業がメインになって行った小泉今日子。
共演した俳優たちに、「コンサートが終わって、(中略)手をビョ〜ンと伸ばして、
ギュッと全員抱きしめたくなるほどの快感が、歌手にはある。この快感は、
歌手経験が無い俳優の人たちには分かってもらえないと思う。」と言っています。
(連ドラ「メロディ」のメイキング番組より。)
90年代のキョンキョン画像79
80 匿名 (16/08/07(日)21:04:53 ID:1Pxu01MiY) 
ぴあ(多分)の、90年7月頃の、泉谷しげるとの対談(その1)です。
「アイドルって、見ている分には面白いけど、関わりたくない。」(泉谷)
「分かる気がする。」(小泉)
キョンキョンというアイドルを、客観視している小泉今日子だからこそ、
泉谷しげるの発言に、共感出来るのでしょう。
90年代のキョンキョン画像80
81 匿名 (16/08/07(日)21:18:50 ID:1Pxu01MiY) 
ぴあ(多分)の、90年7月頃の、泉谷しげるとの対談(その2)です。
デビュー前の、歌のレッスンに通う時、中学の頃の不良姿とはまるで正反対の、
フリフリのステージ衣装着ていたので、中学の前通る時に後輩に見つかって、
カッコ悪かった事は、コイズミ・イン・モーションでも話していました。
その頃の話を、自書伝の漫画にすると面白いと、言っていました。
90年代のキョンキョン画像81
82 匿名 (16/08/11(木)21:11:55 ID:OjeKjRXf6) 
ぴあ(多分)の、90年7月頃の、泉谷しげるとの対談(その3)です。
70年代アイドルと80年代アイドルの一番の相違点は、アルバムの完成度が高くなっている事
です。そのため、コンサートもアルバムの曲を沢山歌うようになりました。
(70年代アイドルは、自分のシングル以外に、外国曲のカバーを歌う事が多かったです。)
だからこの対談のように、テレビに出演する意味が分かりにくくなったのでしょう。
他の80年代アイドルは、この対談にも出てくるユーミンや、桑田佳祐、竹内まりや等に
曲の提供を受ける事が多かったですが、キョンキョンは、安易なこの手段を禁じ手にしました。
(コイズミ・イン・モーションより)
90年代のキョンキョン画像82
83 匿名 (16/08/11(木)21:17:00 ID:OjeKjRXf6) 
ぴあ(多分)の、90年7月頃の、泉谷しげるとの対談(その4)です。
キョンキョンが音楽の最先端を行っていたのは、音楽的な利口じゃ無かったからで、
だからこそ、先入観なく最先端の音楽の世界に、飛び込んで行けたのでしょう。
90年代のキョンキョン画像83
84 匿名 (16/08/15(月)20:56:03 ID:iiaKH4CkU) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、1号目の1ページ目です。
当時は、隔週雑誌のFMステーションを買っていました。
まだ録音機器はカセットテープの時代だったので、カセットケースに付ける
表紙イラスト目当てで、FMステーションにしていたと記憶しています。
A4より少し横幅が広いので、クリアファイルに入らなくて、左右を少しカットしていました。
常に新しいジャンルに挑戦していたコイズミですが、リスナーの事を考えて作品作りを
していたので、どんなジャンルでもエンターテインメントにする事が出来ました。
90年代のキョンキョン画像84
85 匿名 (16/08/15(月)21:09:02 ID:iiaKH4CkU) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、1号目の2ページ目です。
12インチシングルに対する責任について書いてあります。
アイドルで初めて12インチシングルを作ったのはコイズミで、
84年末の「ヤマトナデシコ七変化」の12インチシングルから始まり、「ハートブレイカー」
「水のルージュ」と続きました。80年代当時は、画期的な事であり、話題になりました。
90年以降の12インチシングルは、98年にベスト盤CDが出て、初めて聞きました。
リミックス版は、オリジナルのサウンドをなかなか越えられないものですが、
コイズミのリミックス版は、オリジナルより素晴らしいサウンド作りをしていて、
ビックリしました。中には、コイズミのリミックス版を聞いて、
小室哲哉がパクったのではないか、と思えるようなサウンドもありました。
90年代のキョンキョン画像85
86 匿名 (16/08/20(土)01:36:05 ID:FEK5z.VAM) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、2号目の1ページ目です。
私にとっては、コイズミ・イン・モーションが、唯一聞いていた小泉今日子のラジオ番組です。
正味50分ぐらいの番組中、曲紹介もなく、絶え間なく音楽が流れる中、
20〜25分ぐらい、コイズミのお喋りと、ゲストとのトーク(主に電話)が、
オーバーラップする構成でした。
ゆっくり喋るコイズミは、書いてある通りテレビでの喋り方とは違います。
80年代に、コイズミはホンネを語るアイドルとして有名でしたが、
この番組の初期の頃、「私って嘘つきだからね。」という発言にビックリし、
その後興味深く聞いていました。
90年代のキョンキョン画像86
87 匿名 (16/08/20(土)01:59:10 ID:FEK5z.VAM) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、2号目の2ページ目です。
コイズミが、アイドルについての自分の意見を語っていますが、それは今でもブレていません。
これだけ色々な事をこなせるアイドルが、80年代はコイズミを始め沢山いたのに、
90年代以降少なくなり、大所帯のグループ(最近はユニットと言う)ばかりになったのは、
少し寂しいです。ソロで売り出すリスクを避けているように感じられます。
90年代のキョンキョン画像87
88 匿名 (16/08/24(水)02:40:15 ID:cs.T6vDno) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、3号目の1ページ目です。
女優・小泉今日子が、映画とテレビドラマの違いを、的確に捉えている事が分かります。
照明のチーフの話などは、現場にいる人じゃないと出てこないです。
最近の主演ドラマ「最後から2番目の恋」、続編が出来るほど人気があっても、
フジテレビ得意の映画化をしないのは、テレビドラマのライブ感を大切にしているからでしょう。
過去の主演ドラマのDVD化が少ないのも、テレビドラマはオン・エアしたら消えるもの、
という考え方があるからかも知れません。「愛し合ってるかい」の不意打ち再放送の慌てぶりも、
「パンダにアンアン」に面白い文章で書いてありました。
故・相米慎二監督によって女優開眼したといわれている小泉今日子ですが、
最近のインタビューでも、この時と同じように、
「本当の意味での女優にはなれないんじゃないか。」と言っています。
そして、歌手・女優に関わらず、「気持ち的な記憶力に自身がある」事が、
今日まで活躍し続けている原動力だと思います。
90年代のキョンキョン画像88
89 匿名 (16/08/24(水)03:14:56 ID:cs.T6vDno) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、3号目の2ページ目です。
ビデオ製作の話の中に出てくる、「誰にやってもらうという部分とかは、私もいろいろと
考えるんですけど、決めたら任せる。」この考え方を通してきたから、
才能ある人々が小泉今日子に携わり、アイドルとして長期政権を取れたと思います。
自分をアーティストと言わなかったのも、この考え方からであり、
中森明菜との決定的な違いだと思います。
アイドルのキャラとしては、小泉今日子は70年代でいえば桜田淳子であり、
中森明菜は山口百恵ですが、仕事への取り組み方としては、逆になると思います。
中森明菜が、完全主義者の桜田淳子に似ていて、
小泉今日子が、スタッフを信用して任せる山口百恵タイプでしょう。
90年代のキョンキョン画像89
90 匿名 (16/08/28(日)02:17:07 ID:TQ48K1ylM) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、4号目の1ページ目です。
無計画でライブ的な生き方を、楽しんでいるというインタビューです。
その分スタッフは綿密な計算を立てていたのか?
少なくとも当時の現場マネージャーは、現場マネージャーらしい仕事はあまりせず、
面倒くさいけど、仕事の発想に関しては才気溢れる人でした。
(エッセイ集「黄色いマンション 黒い猫」より)
小泉今日子はゆっくり話し、時々言葉に詰まるので、その黙っている間に、
綿密な計算を立てているのではないか、と勝手に周りが想像していたそうです。
(トーク番組「君といつまでも」より)
90年代のキョンキョン画像90
91 匿名 (16/08/28(日)02:34:41 ID:TQ48K1ylM) 
FMステーションの90年7〜8月頃の4号連続企画の、4号目の2ページ目です。
枠内にある「KOIZUMI SUPER RIMIX CONTEST」の第一回には、当時驚きました。
RIMIXという言葉自体が、まだ浸透していなかった頃、
課題曲「FADE OUT」を、素人が様々なアレンジでRIMIXしたテープを、
コイズミ・イン・モーションの中で紹介していました。
元々、歌謡曲とハウスの融合を狙った「FADE OUT」なので、奥村チヨのような歌謡曲アレンジの
「FADE OUT」は、ピッタリはまっていました。歌謡曲声と言われる小泉今日子の声も、
ピッタリでした。確かグランプリだった作品では、サビの部分を頭に持ってきて、
繰り返すという手法で、当時はその斬新さが新鮮でした。
90年代のキョンキョン画像91
92 匿名 (16/09/01(木)02:19:00 ID:40jWkDX3Y) 
月刊カドカワの90年10月号の、目次です。
44ページに渡って、総力特集が組まれています。
90年代のキョンキョン画像92
93 匿名 (16/09/01(木)02:30:13 ID:40jWkDX3Y) 
月刊カドカワの90年10月号の、1ページ目です。
下に列記してあるスタッフで、ヘア&メイクの渡辺サブロオは、
小泉今日子の決め顔「キョンキョン顔」を作ってくれた恩人です。
(パンダのアンアンより)
90年代のキョンキョン画像93
94 匿名 (16/09/01(木)02:41:02 ID:40jWkDX3Y) 
月刊カドカワの90年10月号の、2ページ目です。
この頃は、新鮮に変化し続ける外見に注目が集まっていた事が、
書いてある文章と、ロッキング・フルーツというタイトルから分かります。
現在は、デビュー以来変わらない一貫した考え方や内面性が評価されている事と、対照的です。
90年代のキョンキョン画像94
95 匿名 (16/09/05(月)02:26:23 ID:22GG29AlQ) 
月刊カドカワの90年10月号の、3ページ目です。
顔が人間みたいな黄色いクマの人形と一緒に写っている幼少の頃の写真は、
ドラマ「パパとなっちゃん」のタイトルバックに使われていましたね。
90年代のキョンキョン画像95
96 匿名 (16/09/05(月)02:40:59 ID:22GG29AlQ) 
月刊カドカワの90年10月号の、4ページ目です。
次女のヒロコ姉ちゃんは天敵で、ケンカばっかりしているけど勝てる気がしない。
(エッセイ集「黄色いマンション 黒い猫」より)
と言っているので、パンと口に出す事が出来ないのは、当然でしょう。
90年代のキョンキョン画像96
97 匿名 (16/09/09(金)01:53:06 ID:VxTHmjMU.) 
月刊カドカワの90年10月号の、5ページ目です。
紙面が汚いので、文字は、しきい値で白と黒のみにしてみました。
姉のお下がりを着て喜んでいる、お人好しのキョンキョンでした。
姉は、新しい服を母から買ってもらうしっかり者でした。
そんな姿を見ていた母親なので、この娘本当に芸能界でやっていけるんだろうかって、
本気で心配したそうです。(「徹子の部屋」で言っていました。)
90年代のキョンキョン画像97
98 匿名 (16/09/09(金)02:17:45 ID:VxTHmjMU.) 
月刊カドカワの90年10月号の、6ページ目です。
「普通に戻った方がいいんじゃないか。」
結婚した時は、真剣に引退を考えたそうです。
永瀬正敏が引退しない方がいいと言って、引き止めました。
「田舎に住む方が絶対に合っているんじゃないか。」
2010(44歳)〜12年(46歳)までの3年間、葉山に住んでいたそうです。
念願の田舎生活は、すぐに飽きちゃったらしく、仕事が忙しくなって東京に戻りました。
田舎で暮らすには、まだ早すぎたと言っていました。
90年代のキョンキョン画像98
99 匿名 (16/09/17(土)01:14:33 ID:B1YghbwgQ) 
月刊カドカワの90年10月号の、7ページ目です。
スター誕生では、歌を歌う前から光り輝いていて、
「この子、音痴じゃなければ絶対合格させる。」と審査員や、プロダクションのスカウトマンに
思われた存在が、何人かいたそうです。
小泉今日子も、その中のひとりでした。
90年代のキョンキョン画像99
100 匿名 (16/09/17(土)01:30:10 ID:B1YghbwgQ) 
月刊カドカワの90年10月号の、8ページ目です。
自分を見つめる視線を感じて、初めて堂々としていられる。
その視線を感じている時がスター小泉今日子であり、視線が無い時が普通人の小泉今日子でした。
だからこそ、オンとオフを完全に切り替える事が出来たのでしょう。
普通に歩いていても、電車に乗っても、小泉今日子と気付く人があまりいないのは、
オフ状態でいられるからだと思います。

スレ主さん、まだ載せたい記事や画像が沢山あるので、新スレ立てるのを期待しています。
1週間待っても、新スレが立っていない場合は、私が立てます。
90年代のキョンキョン画像100
ハリコのとらアンテナで面白いブログ記事がすぐ見つかります
母親へのプレゼントって何がいい?
稲葉浩志「たとえばどうにかして君の中ああ入っていって」神「その願い叶えてしんぜよう」稲葉浩志「!?うわあああ!!」
東北道「ようやく仙台か・・青森までもうすぐだな」 標識「青森まで370km」 ワイ「ファッ!?」
娘(13)に彼氏ができたぁああああああああああ
彼につきまとう、彼バイト先の事務員32歳「少し彼の事はそっとしてあげて。まだあなた若いから、こういう時にどうしたら良いか分からないと思うの。だから私に任せて」
 | 
閉じるTOP1990年代板 > このページ
今見てる人→人    多重債務 harikonotora.net